スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

プーシキン美術館展

秋晴れの…というより夏の尻尾の残るよく晴れた(暑い)土曜日、お友達のYさんとご一緒にプーシキン展に行ってまいりました。
ロシアってプーがつく言葉が多いのでしょうか。プーチンもプーさんだし、プーシキンもプーさんです。寒さでこわばったときに紫色の唇で「ぷー」と言うことで、ロシアの方々は口をほぐしていたのかもしれないな、と思いました。
そして全然関係ないですが、目の前を小蠅が2匹飛び回っているのですが、君たちはどこから来たんだい?

さてプーシキン展です。図録を購入してまいりましたので、いくつかご紹介してみますね。

蝋燭の光でお手紙を読んでいる美女さんです。灯りの使い方で、肌ってあんなに綺麗に見えるんだなぁと妙なところに喰いついてガン見してきました。これから男性に会うときは、蝋燭で顎のあたりを照らしながらお話してみようかと思います。
プーシキン1

ロシア版美少女趣味全開なお作。作者は垂れ目・ちょぼ口・太い首・大きめの頭・白い肌の少女モチーフを何枚も描かれた方だそうで、お顔の造作自体は奥さんを真似てるんだそうです。むちむちじゃないですか。うん、ささめも美少女は好きです。
プーシキン2

ささめの中ではサブタイトル「あーれー飛ばされるー」ですが、本タイトルは「突風」です。
樹木の描写だけで見えない風をこれだけリアルに表現していらっしゃるところがすごいですよね。飛ばされそうな人間を描き入れることで、自然の猛威にさらされた人間の無力さを、また逆に、大きなものに敢然と立ち向かう人間の強さをあらわしているそうです。
プーシキン3

冬の朝、雨にけぶるパリの街です。作者は風景画が専門の方だそうで、登場する人間はあくまで景色の中の一部と言う認識なのだそうですが、肌を刺す冷雨にまとわりつく湿気、セーヌ川の水の臭い、陰気な雲、屋台の臭いなどが克明に伝わってきます。ささめも生まれ故郷のフランスを思い出しました。突っ込みは受け付けません。
プーシキン4

「少女」というタイトルの絵。向かって左半分はつややかな少女の肌なのに、対する右半分は影になっていることを差し引いても、どう見ても老いています。女の持つ二面性をあらわしているのかなとも思いますが、作者にその意図があったかどうかはわかりません。でも確かに少女ってある意味とても老成している面があるし、逆に老女は、とても純粋に少女な一面を持っていますよね。
プーシキン5

お昼はベトナム料理屋さんに行って、フォーを食べました。フォーを食べる時って、なぜ必ず「フォー!」と絶叫してから口をつけるのでしょう。考えていたら夜も眠れませんでした。

開けて翌日は石の不思議展に出かけたのですが、それはまた次回に。
スポンサーサイト
2013-10-14(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは 

「少女」。ささめさんの「どう見ても」に笑ってしまいました。

旅先で「もう一軒飲もう」とスナックの扉を開けたとき、
このお顔に迎えられたら、嬉しいか否か?
なんて妄想をしつつ^^;
2013-10-14 22:45 | pispofp | URL  [ 編集 ]

 

>>pispofpさん

いらっしゃいませ、旦那様。えっ、えっ、笑っちゃわれました??
そのわりに真面目に書いたつもりだったので「ややや、笑うツボってあったかしらん?」と豚のような目を白黒させてしまいました。
スナックでこの顔はきっつくないですか…オヤジささめはUターンしてキャバクラとか行っちゃいそうでございます。三つ編みはないなぁ、顔半分老けてるし…ぶつぶつ(笑)
2013-10-16 20:22 | ささめ | URL  [ 編集 ]

プロフィール

はっかささめ

Author:はっかささめ
リンクは基本的にフリーですが、つないでやろうかいな、と思われた時には一言お声をかけてやっていただけると嬉しがります。

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。