スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

薔薇まみれ

「あなたはまるで××のようね」

もしもそんな風に、何かのお花にたとえてもらうとするならば、××に入る言葉に「薔薇」を選ぶ人は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
薔薇は美しいお花です。香りも良いです。適度に病弱というところもまた良い。「象に踏まれても生きてます、どすこい」というより、ずっと印象が良く聞こえます。
一輪、二輪の薔薇も美しいですが、どうせなら大盛りで見てみたい…そんな願いをかなえるべく、本日はお友達のYさんとご一緒に、薔薇園があるという京都の植物園にお出かけしてまいりました。

いさんでお出かけしたは良いものの、まだ5月だというのに京都の大地はらんらんらんと鼻歌交じりに30度まで気温が上昇し、燦々と輝く紫外線は紫色の小さいおっさんとなって全身に降り注いできました。
二人とももちろん日傘を持参していましたが、Yさんはさらにリーサルウェポン・アンブレラを携帯しておいででした。なんでも紫外線を100%カットしてしまうという強気な傘様なのだそうでございます。99.9%カットなどという中途半端な逃げ場を残さない、傘屋さんの強気の販売戦略に胸を打たれました。

ささめは未だ京都植物園は未踏の地であり、ただ広大な自然の原野が広がっているものとばかりに誤解しておりました。その大自然ぶりにトイレもなく、植物様のお食事となるよう、来園者は青空のもと適当な草むらに排尿などすますのでは…と想像しておりましたところ、Yさんに「レストランとかちゃんとある!トイレもある!」と訂正を受けました。行ってみましたらそのとおりでした。

ちゃんとしたレストランでお食事などをすませてから、いざ薔薇園に侵入でございます。
以下、大量の薔薇の写真が続きます。適当にスクロールしてご覧ください。

京都植物園

京都植物園2

京都植物園6

京都植物園7

京都植物園3

京都植物園11

京都植物園8

京都植物園5

京都植物園13

京都植物園4

広々とした洋風庭園に、もっさもさと薔薇さん達が繁茂していて、風が吹くたびざーっと一斉に首をかしげる様は非常に美しい眺めでした。
薔薇子さん達の種類・量とも大阪の万博公園よりもかなり上であったように思います。
紫外線という小さい紫色のおっさんに悩まされるのを差し引いてもなおお釣りがくるほどの、大満足の薔薇園逍遥でした。

蛇足ですが、「あなたはまるで××のようね」の××の部分に、ささめの場合「ラフレシア」が入るのが適当であるように思います。

らふれしあ

以下、ラフレシアとささめの共通点を並べてみました。
1.葉緑素がない。だから光合成をしない(生産的なことは何もしない)
2.咲いて4日ほどですぐ枯れる(ヘタレ)
3.他の植物の根っこに寄生して栄養を吸い取る(ダブルヘタレ)
4.タンパク質の腐ったようなかおりがする(くちゃい)
5.ハエしか寄ってこない(泣いちゃう)

泣きながらハエとたわむれようと思います。
スポンサーサイト
2013-05-25(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

あらーきれい!
薔薇って、なんでか魅力があるんですよね。
私の母もバラの魅力にとりつかれていて、
実家に遊びに行くとバラ園並みに種類たくさん咲いているの。
キレイだけどお手入れするのは大変みたいですね~
あらやだ!私もラフレシアかもしれない。
ラフレシアの特徴読んで、すごく当てはまった~
コバエが寄ってくるの。なーぜー!?
ささめさんとおなじく、二人姉妹の次女だし(関係あるのか!?)
こうなったらいっそ、素敵(?)なラフレシアを咲かせましょうね。
2013-05-27 21:29 | いくぱん | URL  [ 編集 ]

こんばんは 

ささめさん、京都植物園行かれたんですねー。
最近とんとご無沙汰で今どんな花たちが咲いているのかな~?と想像するだけになってますが
こんなにたくさんキレイなバラ達が咲いているのですね!?

逢いに行きたくてウズウズだけど、今週は梅雨に入るか入らないかの微妙なお天気。
日曜にはすでに雨で傷んでしまいそうですね。くすん。

ささめさんのお写真で下から4枚目の白なのに淡いピンクが入っているバラさんに
一目ボレ!まるでオスカルさんみたいe-415
もう少しがんばって咲いててくれるといいなー。
2013-05-27 21:55 | 白雪 | URL  [ 編集 ]

こんにちは 

世界最大の花は、
ショクダイオオコンニャク(花序として)と、
ラフレシア(花単体として)ですよね。

前者は去年見る機会があったので、、
ラフレシアさんにも是非一度会ってみたいものです(笑)
実物を見ようと思うと、かなりハードルが高いんですよね。
2013-05-28 17:38 | pispofp | URL  [ 編集 ]

 

>>いくぱんさん

おお、いくぱんさんママも薔薇マダム?今度サインをもらっていただけないでしょうか…大事に壁に飾ります。「ばらまだむ ぱんつの母」でお願いします。

薔薇子ちゃんは薬漬けになるぐらい消毒しないとすぐに昇天してしまう困ったお花さんだと噂でお聞きしていましたが、やはり大変なのですね。いくぱんさんママの御苦労御察しいたします…

コバエが寄ってくる。うんうん、それはもうラフレシアだと思います(断定)。首筋のチャックをおろして一皮脱げば、いくぱんさんもささめもラフレシアーズ(←複数形)。
ラフレシアーズとして共に素敵な腐敗臭を吹きあげましょう友よ!
2013-05-30 19:20 | ささめ | URL  [ 編集 ]

 

>>白雪さん

行ってまいりましたよ~!嬉し恥ずかし京都植物園デビューだったのですが、質・量ともに大満足の薔薇園でした。一足踏み込めばそこはフランス…すぐそこにジャパンな市街地があることが信じられないくらいの美しいお花集団さんでした。

ついに近畿地方も梅雨入りしてしまいましたね、薔薇子ちゃんたちが心配ですけれど、まだ蕾の茂みもたくさんございましたので、今週末あたりはまだかの土地はフランスである気がいたします。
もしもいらっしゃいましたら、白雪さんの絶妙なカメラテクニックで、麗しい薔薇子ちゃんをさらに麗しく写したお写真など、また是非拝見させてやってくださいね!

おおう、白にピンク=オスカル…!なんて素敵な表現でらっしゃるのでしょう。もう奴はオスカルにしか見えません、ほんのりピンクなところが秘めた乙女心なのですね。
ささめが薔薇園で一番心を奪われたのは「ぴえーる」という謎のフランス美女でして、やはり白で中心のみほんのりピンク、オスカルの八重咲きのような種類の薔薇ちゃんだったのでございます。もっこもっこですごく綺麗でしたv
2013-05-30 19:28 | ささめ | URL  [ 編集 ]

 

>>pispofpさん

たしかコンニャクさんも強烈なかほりがするんでしたよね(笑)
コンニャクさんは小さな小花がでっかく集まっているのでしたっけ。ラフレシアちゃんは孤高の腐敗臭…腐るときは一人で腐るんだ、ハエだって独り占めだぜという心意気を感じます。

おお、旦那様は生コンニャクをご覧に?いかがでしたか、やっぱりくちゃかったですか?
ラフレシアちゃん、京都のは瓶の中でホルマリン漬け?になっていましたが、生で咲いている現場というと、確かにハードル高そうですね…!近所の庭にはあまり咲いていそうにないですしねぇ。
2013-05-30 19:33 | ささめ | URL  [ 編集 ]

プロフィール

はっかささめ

Author:はっかささめ
リンクは基本的にフリーですが、つないでやろうかいな、と思われた時には一言お声をかけてやっていただけると嬉しがります。

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。