スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

お庭散歩

イギリス式の御庭が楽しめるガーデンフィールズへぽくぽくと散歩に参りました。

理由1:暑いぜ
理由2:家が超汚い
理由3:どうせ暑いなら綺麗な緑でも眺めていた方がまだマシ

ワンツースリーの三段階理論で、ぶらりと出かけてきましたよ。掃除すればよいという建設的な考えは浮かびませんでした。脳の回路が焼けていたのでしょう。

秋薔薇がもう咲いているかな、と期待していたのですが、まださっぱりでした。かわりに生い茂るは緑・緑・緑。
そして咲き終わった薔薇の枝に実る尻の群れです。
ドーム

そういえば薔薇尻写真が一枚もないことに気づきました。代わりになんとなくお花の映像をお送りします。
ちびばな

タイトル:格子の入った牢屋の中で日傘をさしてみる囚人
傘と空

百合がいっぱい咲いていました。百合はすごくおしゃべりなイメージがありますね。
百合

これだけ暑ければ人もいないだろうという予想は見事にあたり、御庭は閑散としておりました。
数名ばかり、ぽつぽつと歩いていたり木陰のベンチで溶解なさったりしているだけです。
庭のすぐ外は高層ビルも建っていますし近くに自動車道もあるのですが、不思議としんと静まり返っています。植物がちゅうちゅう音を吸ってしまうのかもしれません。

そんな静けさの中で、人間の話声というものは案外響くもの。
なんとなく聞き耳をたててみました。

1.男二人組(年齢30歳前後。一人は酔っ払って真っ赤。もう一人はなぜか浴衣にベルトをしめている)

「だから…熊と人間との間に友情は芽生えるか、そういう話なんだよ」
「そりゃあ、斬新なテーマだな」
「おまえなら熊と友達になれるか。熊の友達はいるか」
「おらんなあ」

たぶん、なんとなく熊と人間は友達にはなれないような気がします。ささめも残念ながら熊の友達はいません。

2.女男一人ずつ組(女性は年齢26、7歳ぐらい。男性は60歳は越えていそう)

女「それでね、首をひゅうっと締めたんです」
男「そうかい、よかったねえ」
女「職場のみんなも言ってました。そこは締めて正解だって」
男「そうだろう。よかったねえ」

大丈夫でしょうか、その職場…首を絞められた方の安否が気遣われます。

いろいろな方が植物の緑を求めて庭を訪れるのだなぁと実感いたしました。
帰ろうかなと出口に向かいましたら、硝子の温室の中で食虫植物展というのをやっているというので、うきうきと中に入ってみました。
赤いネバネバの葉っぱのモウセンゴケ…懐かしい。幼少のころ、池のはたから掘り出してきて、植木鉢の中で大切に飼っていたことがございます。モケ子というなんのひねりもない名前でした。

ウツボカズラは大小さまざまなものがぶらさがっており、あまりにたくさんぶらぶらしているので、食虫植物展だと知らなかったら、ここはウツボカズラ祭りかと誤解するところでした。

暑い夏の午後の散歩はこうして、数枚の写真、熊の首を絞める(混ざりましたか?)、ウツボ祭り、右手の親指を蚊に食われるという収穫で幕を閉じました。

たまには緑を見て心を鎮めるのも良いものですね。またお出かけしてみたいです。できればもうちょっと入園料を安くしてくれたらもっといいなあと思います。
スポンサーサイト
2012-08-26(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

緑を眺めてると涼しさも感じるし癒されますね
日ごろのストレスを忘れられそう
お掃除もがんばれそう?
いく夫とわたしもヒトの会話聞くのが好きで
ふたりでどこか出かけても他人の話にミミダンボになってばかりで
ちっともふたりの会話をいたしません、やばいねこの夫婦。
食虫植物園!!すてきな響きーー!!私じつは子供のころから食虫植物に憧れておりまして。
ハエトリ草とか家にあった気がする・・・
ウツボカズラなんて最高ですよね、ああ生まれかわったらウツボカズラになりたい
ささめさんもモウセンゴケとステキな幼少時代をすごされたのね。
子供のころから知り合えていたらとても仲良しマニアックな二人組として
近所で評判になったことでしょうね~(≧∇≦)
2012-08-28 09:51 | いくぱん | URL  [ 編集 ]

こんにちは 

どれも青空背景なのが、夏っぽい雰囲気ですね。

3枚めの日傘はささめさんのでしょうか?
となると、どんなポーズで撮ったんでしょう。
想像するに傘を持った左手を伸ばして歌舞伎の決めポーズみたいな?^^

夏の植物園、とても暑いですよね。
温室から出てくると一涼の風が心地良いですが(笑)
2012-08-28 17:44 | pispofp | URL  [ 編集 ]

 

>>いくぱんさん

うんうん、ストレスがじゅるるると抜けていくような心地がいたしましたよ~(変な擬音語でごめんなさい)
お掃除は…うふ、来週末あたりがんばることにしました、えへ。
いくぱんさん御夫婦も御耳ダンボ族でいらっしゃる?あらまあ、もしかしてささめといくぱんさん御夫婦は遺伝的につながりがあるのかしらとすっかり嬉しくなりました。

ハエ捕り草って、あのぎざぎざのグローブみたいな葉っぱがばっちんと挟まるやつですよね?ひゃっほー!可愛いー!
ウツボちゃんたら、まるまるした筒の底に溶けたハエがおぼれていました。激チャーミングですよね。

子供のころから…ああ想像してしまいました。残念ながら子供には戻れないのが悔やまれてなりません。でも今からディープな食虫植物シスターとして、義姉妹の契りをかわしてくださいますわね?
2012-08-28 20:07 | ささめ | URL  [ 編集 ]

 

>>pispofpさん

夏の青空はすかっとしますよね~
うんうん、あの紫傘は百貨店で買ったささめの傘でございます。
歌舞伎…あら、その方法があったわと目から鱗でございました。次回腰に筋力つけてやってみますね。
あの秘密を申し上げますと、傘の下にテーブルがあったのでございます。テーブルに放置プレイした傘をぱちりと撮ってみました。

夏の植物園、特に温室は「もわわわ」な感じですよね。食虫植物をガン見しすぎて汗びっしょりでした。どうも子供の夏休み用の展示だったみたいですがいい大人がハマりました。
2012-08-28 20:11 | ささめ | URL  [ 編集 ]

ラピュタの世界だ! 

一枚目の写真はそんな雰囲気のシーンがありましたよねぇ。

緑の中で充電したかと思いきや、他人様のお喋りも印象に残っちゃったのですね(笑)
でも、きっと夢見のスパイスになるはず( ̄∀ ̄*)ニヤり☆
2012-08-30 16:17 | あや吉 | URL  [ 編集 ]

 

>>あや吉さん

うんうん、ありましたラピュタ!
ラピュタというとどうしても魅力的なムスカ大佐に夢中になってしまい、つい意味もなく「目が~目が~」と叫んでしまいますが、こんな風なブロッコリ的なもこもこの森でしたね。

人様のおしゃべりというのはなぜかくも面白いのでしょうか。たぶん前後の関係なく唐突に「熊が」とか「首を」とか聞きかじるせいかもしれません。
夢見のスパイス…今宵は寝床で「熊警部と駄目人間、首絞め通り魔の謎を追う!」をスペクタクルで見たいと思いますv
2012-08-30 20:02 | ささめ | URL  [ 編集 ]

 

夏の暑さには毎年ほとほと参っているのですが
夏の終わりが近づくと何故かモノ悲しい気持ちになってしまうのは
僕だけでしょうか?
こんばんは、イングランド生まれの大阪育ち蛇井です。

ええ、ユリの奴はおしゃべりですよ。
部隊の一員には一番したくないタイプです。
捕虜になったら訊かれていない作戦の事まで
ペラペラ喋るような奴です。
花言葉は≪拷問いらず≫というのもよく分かります。

しかし夏の日差しに緑は良く映えますね。
一度こんな好天の下、ささめさんと≪熊の首絞め≫に
負けない位の大声でネッシーについて語り合いたいです。
2012-09-02 03:07 | 蛇井 | URL  [ 編集 ]

 

>>蛇井さん

ほんとうに、夏は暑くてやっかいなものですけれど、夏の終わりというのは何故にこんなに寂しいのでしょうね。こんにちは、アンドロメダ星雲生まれ、フランス育ちのささめです。

そうでしたか、やはりユリは口の軽い奴でしたか。
やはり部隊は美と武器をかねそなえたラフレシアを主体にすべきですね。
ラフレシアの花言葉は「ハエさんいらっしゃい」だそうです。そのまんまですね。

議題ネッシーについて語り合う晩夏の緑の庭。
素晴らしいです、きっとそのうち映画になるのではないかと思うぐらい印象的なシーンになること間違いないですね。蛇井さんにお会いできる日を夢見て、今からネッシーの子供を飼育しようと思います。
2012-09-02 18:16 | ささめ | URL  [ 編集 ]

プロフィール

はっかささめ

Author:はっかささめ
リンクは基本的にフリーですが、つないでやろうかいな、と思われた時には一言お声をかけてやっていただけると嬉しがります。

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。